趣味の総合サイト ホビダス
 

言葉のニュアンスも意識して

生徒の英作指導をしています。

「日本に来ている外国人をできるだけ助けてあげたいと思います。」

これを英作すると

I Japan, I want to help foreigners as often as possible.

となりそうですが…実はこう

In Japan, I want to help foreigners as much as possible.

この差…わかりますか?難しいですよね。

ところで、TVから流れてくる勇ましい総理の発言
「罪を償わせる」を英作するとどうでしょう?

make them pay the price

ですかね。priceは「代償」です。

でも…

revenge ってやっても…バツではないですよね。

え?これじゃ、「仕返ししてやる」ってことに?

こんなニュアンスの取り違いで戦争になったらとんでもないことです。

総理の発言も…外務省の公式文章では

called them responsible for their deplored action

と”模範解答”的に英作しています。

平和であって欲しい。とにかく!

美味しいハンバーグを作ります。

しあわせ~。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

カテゴリー

アーカイブ