趣味の総合サイト ホビダス
 

アメリカツーリング

平凡な田舎道

ドラマティックな出来事ではなくて、
話のネタにもならないような、
とりとめのない時間のことが妙に忘れられない。

平凡なほど、のどかな田舎道だった。
前を走るパットもスピードを落とし景色の一部となっていた。

パットのバイクに近づいて
ガスタンクを指差しながら
ガソリンを補給したいと叫ぶと
「オレのもだ!」と
バイクのタンクを指差し
イイネサインを返してきた。

パットのバイクから離れ
また背中を追いかけ始めた。
相変わらず同じような景色が続き、
なかなかガソリンスタンドには出くわさなかった。

平凡な景色に、いらつきさえ覚え始めた時
ようやく…
ジェネラルストアーに隣接するガソリンスタンドをみつけ
立ち寄った。

屋根のない炎天下に置かれた給油機。
パットの手にした給油口は故障中だった。

「オイオイ」というしぐさをしながら
メットをこちらのバイクに置いて、
パットは店の中に入っていった。

給油を終え、店の中に入ると
うす暗いカウンターで中年女性が
愛想なく店番をしていた。

くしゃくしゃになった札を手渡しながら…尋ねた。

「トイレはどこですか?」

「ないわよ!」

「………」

おつりの紙幣と硬貨をまるめてポケットにつっこみ
急ぎ足で、店の外へ出て…
夏草の匂いのたちこめる畑の隅に行った。

「ふゅ~う」

空を見上げ、ふと思った。

店員の言葉は…『差別』…だったのだろうか…?

眼を閉じると…
飛行場の雑踏、高校の教室、妻や子どもたちの笑顔などが
いっぺんに思い出された。

足元からバッタが飛び跳ねていった。

お待たせしました!

“2014年版カレンダー”できました!!!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

コメント下さる方にお願いがあります。コメントを残していただくにはメールアドレスの入力が必須になりますが、メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。

ハーレーに出会い…

アメリカ人のハーレー仲間とつるんで走っていると…
自分がウルルン滞在記の主人公にでもなったかのように感じます。
仲間の背中を追いかけながら
地元の人しか知らないとっておきの道を走ると
大地に溶けていくかのように走る連なるバイクに
わっ~と心をわしづかみにされて…
涙さえでそうになります。
そして…
仲間のバイクの横に停まってエンジンを切れば…
ちょっとしたサプライズを用意してくれたりします。
この日は
クールな女性バイカーをはべらせて…
写真を撮ってくれました。

Vシネマの主人公にでもなったかのような
こっぱずかしい気がしました。
でも、
仲間の気遣いがそれ以上にうれしく思えました。
ハーレーに出会い
ハーレーで出会った仲間に感謝です。
女性ライダー特集で引っ張ってきてしまったので…
来週から、また、アメリカの旅を続けたいと思います

Two-Up Touring!

One Hundred Miles Hugs
夫婦の時間を愉しむのに
ハーレーはなくてはならない存在だった。
こんな風に…歳は重ねていきたい。
>

ネイティブアメリカンの道を走る!

Today is a good day to die.
ネイティブアメリカンの聖なる大地
遠くみえるのはかつてバッファロージャンプだった丘
ゆったりとした時の流れの中で牛がのどかに群れていた。

注)バッファロージャンプ
ネイティブアメリカンにとって、
バッファローを捕まえるのは大変なことでした。
当時のバッファロー狩りの方法は、
勇ましく弓矢などでバッファローを追いたてていたのではなく
目の悪いバッファローを崖までおびき寄せ
興奮させて崖っぷちに突進させ
転落させて捕まえていたのだそうです。
その狩猟に使った場所のことを
バッファローがジャンプしているように見えたことから
バッファロージャンプと呼んでいます。

もうひとつのアドベンチャー

ボストンから走って2000マイル
キャロルのシフトペグが吹っ飛んだ!
This is HARLEY, not HONDA!
応急処置してパットがそうつぶやいた。

波止場のHARLEY

Life goes on!
別れと再会のフェリー波止場
傾きかけた陽射しがミシガン湖に揺れて
旅人のHARLEYにも長い影

マゼンダ色の夕陽

今まで見た中で一番綺麗だった夕陽
マゼンダ色に染まるナバホの大地
Today is the first day of the rest of your life.
転がり続けてここまで辿りついた自分に涙…。
13

大平原のHARLEY

東京を丸ごと飲み込めるほどの大平原
足にバッタをぶつけながらひた走る。
Human beings always want to control nature,
but we must harmonize with nature.

地球のやさしさに包まれる。

The U.S.Touring

ロッジで荷物ほどいたら…走りに行くって言う。
「大丈夫?」って思わず口からでちゃったら…こう返された。
I wasn’t born yesterday.
その間がおかしくって…キャロルと走ることにした。

モニュメントバレーとHARLEY

Dream on? I made it!
「アメリカ走りたい!」って言ったら…
「定年になったらグレーハウンドバスで旅しよう!」って返ってきた。
…待てなかったよ…そんなにさぁ~!

イエローストーン渓谷

Almost there.
そう言われて細い道をさらに下る。
視界がパッと開けて…
虹のかかった黄色い渓谷に出た!
8

American Pick up Truck on the farm

Time to kick out of town!
ハイウェイー降りた道がいい!
エキサイティングな景色じゃないけれど
スローに流れる時間がある。

バッファローとHARLEY

会いたかったぜぇ!野性のバッファロー!
エンジン切って…彼らと呼吸をシンクロさせる。
Adopt the pace of nature: her secret is patience.
人も自然の一部なんだから…。

Made in Americaのチョイ悪る

峠のカーブを曲がったら…
メイド・イン・アメリカのチョイ悪るオヤジに出くわした。
Life begins at forty.
『遊び』に本気な大人にときめいた。

HARLEY 仲間

今日も一日ロングライディング
振り向けばそこに仲間がいる…
Passion runs wild!
心がキュッと満たされる。
badland

HARLEY編隊

On the road again!
リーダーの一言で走りだす。
牧草を揺らす風のように…
ハーレーの編隊が波をうつ。

旅の始まり

A Harley in Japan?
そんなひと言から始まって
「一緒に走る?スタージス?」
彼らの背中を追いかける。

カテゴリー

アーカイブ