趣味の総合サイト ホビダス
 

学園日記

抜けているパズル

「合格体験談を見て…涙こぼしました。」

という声を頂きました。

ネライ通り!ヤッター!
わかってくれる人にはわかってもらえるんですね。
学校のHPを担当してきて…うれしい限りです。

広報活動

「抜けているパズルのピースばかりみるな!」ってことなんですね。

ダックワーズ作ってます。

美味いんだけど…いまひとつカッコ悪い!
練習あるのみ!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

体験してないから、やりたいこともみつからない

勉強しないから、何がわからないかわからない。

勉強が大事ってことを諭すために
よくそんなことが学校で言われます。

もう一歩踏み込んで言いたいのです。

体験してないから、やりたいこともみつからない。って。

教師がいくらかっこいいこと言っても…
体験が少ない人の言葉は、生徒の心に響かないって…。

女子力アップなんです。最近…(笑)

こんなことまでしています。

ダックワーズカフェ

美味しいのです。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

ムース・ショコラ

OG二人から連絡があって会いました。

「学校の先生…違うって…思いだしちゃったんです。」

教師になることを夢みて国立大学教育学部に入ったのに…
現実の実習を重ねていくうちに…
色々教員のネガティブな面が見えてきてしまったようです。

「先生みたいなイイ加減ま先生って…いないんです。」

でるわ、でるわ…いい加減な自分の姿…汗

「オイオイ…褒めてるのか?」(笑)

「褒めてるんです!」(笑)

オレが自由に見えるのは…
心が自由なら、いつだって自由なのだ。って思っているから。
制約の中にこそ、本当の自由は隠れているし、
仕事を楽しめない人は、たぶん、人生も楽しめない。

こつは…

自分がやりたいことと、会社がやりたいことをシンクロさせる。
どんな仕事もクリエイティビティがあれば楽しくなる。

そして、

会社の期待を越えたところから自由は生れる。
与えられた仕事を完璧にこなした瞬間から人は自由になれる。

のかもしれないですね。

ムース・ショコラを作りました。

うわ~美味しい!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

支えてくれるもの

風邪気味…

だけど冬期講習会にのぞみました。

1回が90分
これを午前中3回行います。

うれしいことに…ファンの生徒は(笑)
3回全部取っているので…
同じネタは使えません。

今日は、同僚の教師も観に来たので…
手も抜けません。(笑)

なんてたって…生徒がよろこんでくれたので

風邪を治して…明日も頑張らなくっちゃ!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

オレのアップルパイ

今日は3年生の最後の最後の授業でした。
少し話をしたら…泣いている男子がいました。

ハーレーのクッキー型に余った生地を押し込んで
アップルパイを作りました。

美味しいんですけどね…
こういう時もあります。(笑)

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

これからを生き抜くヒント

高校3年生の授業もあと1週間
愛着のある生徒達に向かって叫びます(笑)!

「お前達が今一番したいことはなんだ?」

「恋!」

「そうだろ~!(笑)今日は早稲田大学で出題されたラブストーリーをやろうぜ!」

みなさんも良かったら読んでみてください。素敵な話ですよ。
In 1947 my mother, Deborah, was a twenty-one-year-old student at New York University, majoring in English literature. She was beautiful – fiery, yet deeply thoughtful – with a great passion for books and ideas. She read in the same way that greedy people eat, and dreamed of one day becoming a writer.
My father, Joseph, was an aspiring painter who supported himself by teaching art at a junior high school on the West Side. On Saturdays he would paint all day, either at home or in Central Park, and treat himself to a meal out. One Saturday night in May, he happened to choose a neighborhood restaurant called the Milky Way.
The Milky Way happened to be my mother’s favorite local restaurant, and that Saturday, after studying throughout the morning and afternoon, she went there for dinner, carrying along a used copy of Dickens’s novel Great Expectations. She settled in for an evening of pasta, red wine, and Dickens – and quickly lost touch with what was going on around her.
Within half an hour, the restaurant was full, with people waiting to get in. The waitress came over and asked my mother if she would be willing to share her table with someone else. Barely glancing up from her book, my mother agreed.
“A tragic life for poor dear Pip,” my father said when he saw the tattered cover of Great Expectations. My mother looked up at him, and at that moment, she recalls, she saw something strangely familiar in his eyes. Years later, when I begged her to tell me the story one more time, she sighed sweetly and said, “I saw myself in his eyes.”
My father, entirely captivated by the presence before him, swears to this day that he heard a voice inside his head. “She is your destiny,” the voice said, and immediately after that, he felt a tingling sensation that ran from the tips of his toes to the crown of his head. Whatever it was that my parents saw or heard or felt that night, they both understood that something miraculous had happened.
Like two old friends catching up after a long absence from one another, they talked for hours. Later on, when the evening was over, my mother wrote her telephone number on the inside cover of Great Expectations and gave the book to my father. He said good-bye to her, gently kissing her on the forehead, and then they walked off in opposite directions into the night.
Neither one of them was able to sleep. Even after she closed her eyes, my mother could only see one thing: my father’s face. And my father, who could not stop thinking about her, stayed up all night painting my mother’s portrait.
The next day, Sunday, he traveled out to Brooklyn to visit his parents. He brought along the book to read on the train, but he was exhausted after his sleepless night and started feeling drowsy after just a few paragraphs. So he slipped the book into the pocket of his coat – which he had put on the seat next to him – and closed his eyes. He didn’t wake until the train had stopped at Brighton Beach, at the far edge of Brooklyn.
The train was deserted by then, and when he opened his eyes and reached for his things, the coat was no longer there. Someone had stolen it, and the book along with it. Which meant that my mother’s telephone number was also gone. In desperation, he began to search the train, looking under every seat not only in his own car but in the neighboring ones, too. In his excitement over meeting Deborah, Joseph had foolishly neglected to find out her last name. The telephone number was his only link to her.
The call that my mother was expecting never came. My father went looking for her several times at the NYU English Department, but he could never find her. Destiny had betrayed them both. What had seemed so inevitable that first night at the restaurant was apparently not to be.
That summer, they both headed for Europe. My mother went to England to take literature courses at Oxford, and my father went to Paris to paint. At the beginning of August, with a three-day break in her studies, my mother flew to Paris, determined to absorb as much culture as she possibly could in seventy-two hours. She carried along a new copy of Great Expectations on the trip. After the sad business with my father, she hadn’t had the heart to read it, but now, as she sat down in a crowded restaurant after a long day of sightseeing, she opened it to the first page and started thinking about him again.
After reading a few sentences, she was interrupted by a waiter who asked her, first in French, then in broken English, if she wouldn’t mind snaring her table. She agreed and then returned to her reading. A moment later, she heard a familiar voice.
“A tragic life for poor dear Pip,” the voice said, and then she looked up, and there he was again.
[Adapted from Paul Auster (ed.), True Tales of American Life, 2001]

「あ!先生!この問題やったことあるような~?」

すると他の生徒達が言います。

「やってね~よ!」

「だって~この二人は…」

「ネタバレするんじゃね~よ!静かにやれよ!」

「そうだよ!2回目なら満点取ってみろよ!」

どこかでやったことのある生徒も、
それを制して解こうとする生徒も
頼もしい生徒達です。(笑)

タルト・タタンを作りました。

イイ感じなんですがね…美味しいんですよ。
でも、見た目とか悪いので65点ぐらいのできですかね~。
かっこ悪いので自信を持って誰かにあげられないので…困ります。(笑)

開成高校の校長先生が、
これからの世の中を生き抜くヒントとして、
こんなことをおっしゃっていました。

「人生を肯定的に生きるために、満足感をもてる仕事を探せ!」

オレはしあわせもんです。

灘高校の校長は言います。

「自分自身が満足できる生きた方を最後までできるのが幸せ」

これからも…しあわせな人生でありますように!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

理想の先生は?

「生徒がおもしろいと感じるようなエキサイティングな授業を先生方にはお願いしています。」

開成中学高校の名物校長柳沢先生が

「理想の先生は?」という問いにそう答えていらっしゃいました。

受験勉強だって、こうやればオモシロイと感じられるでしょうと
生徒を惹きつけ、勉強し成績が伸びることで楽しいと思わせる。

そんな風に考えてやってきたのですが…。

自分はまだまだですね。

今日は千葉大の問題をやったのですが、
長文問題の中でFACEBOOKの創始者マーク・ザッカーバーグが取り上げられていたので
ザッカーバーグの名言を紹介しました。

“Done is better than perfect” (完璧な製品を作るよりも早く仕上げろ)

シンプルに林檎を煮てみました。

林檎も良いから…ダントツ美味しいです!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

センター試験50日前

生徒を激励する会を催しました。

埼玉大はこう!
青山学院大はこう!
早稲田大慶応大はこう!

具体的に問題をやらせ
このレベルの問題が解けて
このレベルの単語力は必要だよ
と一通り説明して…

テニス部の生徒を例にあげて言います。

「もし、オレがテニスのコーチなら、お前たちだって、このボール獲れ!って全然取れないボールを出されたら嫌になって獲る気にもならないだろう?それと同じ。あと一歩足を出せば獲れるような、できて合格できるような、問題を、オレは持ってきてるつもりなんだ。今できなくてもいい。もう少しなんだから頑張れ!」

チャイムがなって職員室に向かう途中、
女子生徒に…声をかけられます。

「先生!追いかけて、必ず打ち返します!」

彼女の笑顔…

これだから教師っていう職業は楽しいのです。

2002年 仲間を追いかけた旅の途中よった
ミネソタのグローサリーストアー

雨もパラパラ降ってて
寒かったので、
「夏なのかよ?」って
笑って飲んだコーヒー。

On the road again!

ペニーが声をかけてきた。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

2種類のロールキャベツ

「お前たちもいつかはフェラーリに乗ってみろ!」

なんてことを生徒を励ますつもりで言ったら…

「僕は車には興味ないので、大人になって、お金を稼ぐことがあっても、若者のために使いたいです。」

って…まじめな男子に言われてしまいました。

これはこれで素晴らしいことなんですが…ね。

今日のクラスは車好きがゼロでした。

神奈川のキャベツが出回っていたので
ロールキャベツを作りました。
トマト風味とコンソメ風味の2パターン

美味しい!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

もうすぐ週末だ!がんば!

ドイツアウトバーン 

朝一番の授業は…中央大学の入試問題でした。
これが…ドイツの『アウトバーン』について…
車好きのレアな生徒2名が目を輝かせて言います。
「こういう問題ばかりだったらな~。」

よろしければ…いかがですか?

Although nearly all developed countries have very fast roads, none has them on the scale of Germany. Germany is not a particularly large country – it is smaller than Japan for example, and has far fewer people, yet it has the third biggest highway system in the world, after the United States and China.
The first expressways in the world were built in Germany. Most people think that they were the idea of Adolf Hitler, but, in fact, the first German autobahn, as *expressway is known in Germany, was opened in 1931, before Hitler came to power. It cannot, however, be denied that the autobahn network greatly expanded while Hitler was the German leader – 3,600 kilometers of road was built in the years leading up to the Second World War in Germany and what are now Austria and Poland. They were built as a prestige project which could create employment and enable the easy movement of soldiers and armed vehicles across the country.
However, for a variety of reasons, they did not prove useful during the war. Most military vehicles were too heavy to use them and large equipment could be more efficiently moved by train. Also, there was a great shortage of gasoline, which made driving impossible for most people. In fact, towards the end of the war, useless sections of autobahn were turned into runways for planes. Hitler’s autobahns were a failure until the 1950s, when the volume of traffic increased and they started to look like a good idea.
About a third of the modern autobahn network has a permanent speed limit, but the rest does not, making it unique in the world. In spite of this freedom, traffic does not move as fast as may be thought. In the sections without limits, the average speed is not much over 130 kilometers per hour (kph), which is much faster than in Japan, but not terribly fast by European standards and in fact lower than the Polish speed limit of 140 kph. For the most part, German car makers follow an informal agreement to limit the top speed of their cars to 250 kph to avoid enabling drivers to travel at ridiculous speeds. But when the roads are quiet, some drivers in special cars manage to reach 300 kph, which is about the speed of a Japanese shinkansen train. German autobahns are free of charge – for the time being – and the ability to drive anywhere, at any speed they want, is seen by Germans as being a fundamental freedom. Therefore, any speed limits or proposals for tolls are extremely unpopular in Germany.
The autobahns sound dangerous, but they are not especially so, having a better-than-average safety record within Europe. The Germans are used to driving fast and do so skillfully. They love to drive on their autobahns, meaning that these roads are busy and it is usually impossible to go very fast on them for long. Traffic jams are common, partly because of their popularity, but also because of Germany’s position in the center of Europe, which means that anyone wanting to drive across the continent will probably have to pass through the country.
The autobahn network continues to expand, in spite of complaints from people worried about its effect on the environment. Indeed, many Germans wonder how long they will be able to continue to use their roads to the extent they do now. Will trains, which are also very well developed in Germany, gradually replace the car? Hitler’s vision of German cities connected by fast roads proved a failure in his lifetime and in the distant future may die. For the moment, however, the Germans will continue making full use of the greatest road system in the world.
(注) expressway 高速道路

午後は、センター試験に向けた80分の模擬テスト
テスト前に、女子生徒がお菓子をくれました。

Trick or treat

うちの学校は本当に良い子達ばかりです。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

やった!週末だっ!

合宿でリハビリ中

今…ここにいます。

ど~こだ?

学習合宿に参加しています。

午後、リハビリも兼ねて散歩してきました。

参加さえ危ぶまれてましたが…

きちんと三食摂っていくうちに…

日に日に元気になってきました。

今回のことで、健康の大切さが身に染みました。
この経験を生かし具体的にアクションを起こしていきたいと思います。

ご心配おかけしました。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

明日も…良いことありますように…。

代打!

あれ?このクラス…

どこかで見たような…カレンダーが貼ってありますよ~。

てへぇ!同僚が体調を崩してしまったので、
代打でこの2週間は…担任をやっています。

担任をやるとなれば…教室だって自分色に染めなくては…ね!(笑)
あっ!『凡事徹底』は校長のお気に入りの言葉…”保険”です。

うちの学校の生徒は…みんな良い子で…温かく迎えてくれるので…
仕事が増えて…大変なんですけど…楽しくもあります。
ありがとう!ホントうれしいです。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

コメント下さる方にお願いがあります。コメントを残していただくにはメールアドレスの入力が必須になりますが、メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。

オレを駆り立てるもの

今日はご近所の草取り大会でした。

コミュニティーとのお付き合いも大切ですね。
バイク…大きな音がしますから(笑)

草むしりしていて…
美しい奥様からの視線を感じました。

こりゃ~

ひょとすると~

妄想…?

いや~

やりがいがでて…
初夏のような日差しの中
倒れそうになるまでがんばりました(笑)。

ななんと…
見つめてくれていた隣の隣に住む奥様が近づいてきて
声をかけてくださいました。

「先生ですよね。」

卒業生でした(笑)!

不必要に疲れて…
いえいえ、昔話に花が咲いて
午後はウトウト昼寝してしまいました。

昨日は…美人の卒業生と寿司デート

仕事を生きがいとしている人と話すと…元気がでますね。

ガンバロ!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

コメント下さる方にお願いがあります。コメントを残していただくにはメールアドレスの入力が必須になりますが、メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。

視点を変えて…自分を変えていく

ダイエットをするんじゃなくって…アンチエイジングをやって若々しく生きる!

生徒に教えるじゃなくって…生徒のメンターになる!

今年度は…視点を変えて、自己を磨こうと…もがいています。

今日は保護者会がありました。

自分は担任を外されているので
校門で誘導係に勤しんでいると…
お母さんが近づいてきて

「ブタイチ先生ですか?先生の授業がたのしいって息子が言ってました。よろしく…」

と声をかけて頂きました。

うれしいですね。

また頑張ろうっていう気になります。
生徒のメンターになれますように…(笑)

妻にはダメダシされっぱなしーですが…(笑)

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

コメント下さる方にお願いがあります。コメントを残していただくにはメールアドレスの入力が必須になりますが、メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。

教師は生徒のメンターか?

最近は、まじめに、
教師は生徒のメンターにならなくてはいけない。って
考えているんです(笑)。

こう思うようになったのは…オレが偉い!からではなくって…
受験テクニック以外にも、
生徒にもっと伝えなければならないことがあるハズと思ったのと
メンターになろうと思うことで、
もう一歩、自分自身が成長したいからでもあります。

だいたい、望まれる生徒像って…
たくさん暗記できる人間ではありませんよね。
より正しく理解し、言われた通りにやる人間でもないハズです。
自分で考える力をもって、
そして、創造することができる人間を育てたいのです。

そのために、教師は…
生徒が激動の時代に変化を乗り越えながら、
意味のある人生を最大限に生きられるように
必要な知識と経験を身につけられるようにする
真のメンターになる必要があるのでは…と思うのです。

それでは、これからの変化の激しい世界で
生徒が必要としている力はなんなのでしょうか?

それは、賢く、うまく世を渡っていく力ではなく
逸れても、逸れても、
転がり続ける力を持っているかどうか。ってことですね。

そんなことを思って授業に臨むと、力が湧いてきます。

こちらの心の持ち方ひとつなんですね。
「うわ~楽しかった!」
そう言う生徒の声を聞きながら教室を後にすることが多くなりました。

友人が遊びに来たので…夕飯を用意しました。

何事も…慣れが大切ですね(笑)

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

コメント下さる方にお願いがあります。コメントを残していただくにはメールアドレスの入力が必須になりますが、メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。

23歳と飲む

23歳の連中との飲み会にのぞみました。

オレはしあわせものですね。

プリクラを撮りにゲーセン行ったら…
使い方わからず、すっかり、ジジイ扱いされましたが…(笑)

感謝です。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

コメント下さる方にお願いがあります。コメントを残していただくにはメールアドレスの入力が必須になりますが、メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。

終業式の寄せ書き

学校の終業式でした。

副担任をしていたクラスの生徒から…
サプライズ!
寄せ書きをもらいました。

「レベルの高い授業にはじめはとまどったけれど、1年ですごく力がついた気がします。」
「ミュージカルは最初は嫌だったけど、苦手なダンスもみんなでやって、苦手なことも乗り越える強さがとても大事だってわかりました。」
「先生みたいな英語の先生になりたいです。母校に就職して、先生に色んなことを教わりたいです。」
「いつか私も先生のようにアメリカをバイクで横断できるような人になりたいです。」

うれしいですね。

2年生のクラスなのに…泣き出す子までいて(笑)…
またがんばろうというエネルギーをたくさんもらっちゃいました。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

コメント下さる方にお願いがあります。コメントを残していただくにはメールアドレスの入力が必須になりますが、メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。

宿題楽しみ!

生徒の提出物に押すハーレースタンプを買いました。

これはなかなか良い感じです。

宿題出すのが楽しみ(笑)!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

コメント下さる方にお願いがあります。コメントを残していただくにはメールアドレスの入力が必須になりますが、メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。

夢みるオヤジでいられない。

今日、学校に
東京外国語大学に合格したと…
生徒がお菓子を持ってきてくれました。

この生徒とは、
リスニングして…200文字の英語で自分の主張を英作する
という問題の対策をやっていたんですが…
それが見事に当たって…
もともと力のある生徒だったのですが
彼にも気づきがあったようで…会心の合格です。
うれしいですね。

将来は外務省に入りたいのだとか…
夢みる時間もたくさんある生徒が羨ましくも思えますが…。
夢みるだけのオヤジでいられない自分にも気づきます。

夕飯は…豚のステーキ…『トンテキ』にしました。

美味しい!

現在…76.8キロ 10キロ減量できました。

温かくなってきたと思うと寒くなったりして…

今日のワンポイントレッスン
寒い日に、誰かに会った時に何ていいますか?

So cold today. とかでもいいのですが…

ちょっとお洒落に

(Is it) cold enough for you?

なんてどうでしょう。

このenoughの使い方…英語ができる人ぽいでしょう(笑)?

ダイエットではなく、お洒落にアンチエージング!…続けます!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

コメント下さる方にお願いがあります。コメントを残していただくにはメールアドレスの入力が必須になりますが、メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。

卒業までのカウントダウン

卒業が近づいてきました。

配られた文集には…

生徒達の青春がつづられています。

先生からも
力強かったり、ユーモアたっぷりだったり…
メッセージが添えられています。

せっかく良い職業を選択し働かせてもらえているのだから…
もっともっともっと…そんなことを思いました。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

コメント下さる方にお願いがあります。コメントを残していただくにはメールアドレスの入力が必須になりますが、メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。

カテゴリー

アーカイブ