趣味の総合サイト ホビダス
 

USA touring BEST 40

キャニオンランズ ラン

17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40

第8位 キャニオンランズ ラン

走っておもしろい道といったら…
キャニオンランズですね~。

バイクを停めて少し歩くと…こんな景色に出会います。
え”~怖くないの?
アーチの上を歩いている人がいます。
アーチの向こうを覗き込むと…

壮大な景色が広がっています。

岩山の谷間を気持ちよく走り

大草原の高台を走りまわります。

スケールがでかすぎて…
この公園を歩いて廻ることはできないんですね。
これだけの大自然が残されているのに
観光客が少ないのはそんなところに理由があるのかもしれません。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

いつもありがとうございます。コメント下さる方にお知らせです。ホビダスブログにコメント機能に関して問い合わせたところ、「メールアドレスの入力が必須になります。「エラー: 必須項目 (お名前、メールアドレス) を入力してください。」と記載されるので、メールアドレスが必須項目だと思わない方もいらっしゃるようです。メールアドレスは公開されないので、記入してください。」と回答がありました。よろしくお願いします。

キャニオンランズ 

17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40

第9位 キャニオンランズ
 
キャニオンランズを走りました。

大きな景色…地球の原風景ってこうだったのかも…。

人の手の入らない世界
いえいえとんでもない…
四駆がこの大きな景色の中を砂埃をあげて走っていくのが見えます。

息子と二人で写真を撮っていると…
老夫婦が近づいてきて
写真を撮ってくれないか?とおじいさんに話しかけられました。

快く引き受けると…
少し後ろを歩いていたおばあさんに向かって
おじいさんが言ったんです。

Come on Babe !

おばあさんは…いつもこうなのよ!
と言わんばかりにやさしい笑顔でおじいさんの指定したベストポジションへ

いいな~。
このお二人…

で…自分達もおじいさんに写真を撮ってもらったんですが…
おじいさんがシャッターを押してくれた写真がこれ

どうしたことか…こんな写真に…。

でも、息子も、この大先輩のかもし出す温かさに感激したようで…

「オヤジが母さんに求めていることはわかるよ!」

なんて…生意気なことを言いやがります。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

いつもありがとうございます。コメント下さる方にお知らせです。ホビダスブログにコメント機能に関して問い合わせたところ、「メールアドレスの入力が必須になります。「エラー: 必須項目 (お名前、メールアドレス) を入力してください。」と記載されるので、メールアドレスが必須項目だと思わない方もいらっしゃるようです。メールアドレスは公開されないので、記入してください。」と回答がありました。よろしくお願いします。

大リーグ観戦

17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40

第10位 大リーグ観戦

アナハイムの青空に松井秀樹のフラグが揺れています。

ロサンゼルス エンジェルズの試合を観にいきました。

アメリカらしいバーガーを買って…

シートにつくと…アレ!松井ファンの女性が前の席に…

松井が愛されているのはわかって
んんん~うれしい気持ちになります。

さぁ~試合が始まります。

チームマスコットも手すりにぶらさがって応援です。

試合は面白い乱打戦に…
ホームランが飛び出して…花火が暮れなずむスタンド上空に開きます。

試合そのものよりも…
この雰囲気が好きなんですね。

応援団の人がしきって応援する日本の「野球」とは違って…こちらは鳴り物なし!
バットに当たる球の音が球場に響きます。
内野の防御ネットも少ないのは…なぜでしょう?
観戦する人もプレーヤーの一員とみなしているのでしょうかね~?
自己責任というアメリカの考え方の現われでしょうか?

その中でも自分はKISS CAM が気になります。
巨大なスクリーンにカップルが映し出されると…

二人は…激しく陽気にキスします。

いいな~この雰囲気!

ヨダレを垂らしながら見とれていると…息子に

「オヤジがアメリカに憧れるのがわかるよっ!
 でも…母さんに期待しても…無理っ!」

きっぱり言われてしまいます(笑)。

けっ!わかってらい!
でも…ママだって…この雰囲気の中に足を踏み込めば…(笑)
んんんんんんん…
うんんんんんん?

あれ~だいたい…ママといつキスしたっけ(笑)!

妄想ばかりが膨らみます(笑)。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

いつもありがとうございます。コメント下さる方にお知らせです。ホビダスブログにコメント機能に関して問い合わせたところ、「メールアドレスの入力が必須になります。「エラー: 必須項目 (お名前、メールアドレス) を入力してください。」と記載されるので、メールアドレスが必須項目だと思わない方もいらっしゃるようです。メールアドレスは公開されないので、記入してください。」と回答がありました。よろしくお願いします。

ラスベガスの土曜の夜

17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40

第11位 ラスベガスの土曜の夜

日常の鎖を引きちぎり
自由に憧れバイクに乗って旅にでる…

でも、
自由って…どこか遠いところにあるものではなく
心の在り様ってことに気づき始めています。

起こるすべてのことを肯定的に受けとめると自由になれる。

妻とのやりとりでも…
理解しようとするのではなく…
『味わう』ようにすると…
なんか…妻が可愛く思えてきます。

偶然起こったことを必然と考えることのできる才能
自分はそういう感性を磨こうと思います。

息子の選んだUSツーリングベスト10にも
実はベスト10位内にはそんな場面の方が多く登場します。

イレギュラーなことに出会い、
誰かに助けられなんとか乗り越える。
そんな経験はやはり人としての経験値を高めるように思います。

ラスベガス夏休みの土曜午後8時
信じられますか?

この時間帯に、空室のあるホテルはありません。
あんなにホテルがあるのに…です。

メインストリートの巨大ホテルから始めて…
断れたホテルで「ここなら…」というホテルを教わって…
そこまで行って…また断られ…。
10軒は超えたでしょうか?

ラスベガスのネオンのまぶしさが…しらじらしく見えてきます。

泣き言を言い始め、「あの時…」と後悔を口にする息子を一喝し
「この状況を楽しみながら聞きまわるしかないだろう?
 お前は次のホテルの位置を地図で確認してろよ!」
簡単に諦めるわけにもいきません。

ラスベガス中のホテルに…空き室はない!?

カジノで一晩過ごす?
飛行場の近くのホテル街まで移動する?
もう時間は23時になろうとしています。

ヘルメットを脱いでロビーに行き
またヘルメットを被って次のホテルへ向かう。

次の一手を考えながら…
だめもとで立ち寄った…
カジノもレストランもない地味なネオンのコンフォートイン

Yes, you can stay, if you want.

え”~!泊まれるの?!

真夏の熱帯夜を走り続け疲れ果てて
やっとたどり着いたクーラーの効いた部屋
さすがに…もう
今日はカメラを持つ元気もありません。

荷物を部屋に放り出して
隣接するハードロックカフェホテルへ
遅くなった夕飯を食べにでかけました。

こんな文字にするとしょうもないことでも、
息子にとっては忘れられない思い出になったようです。
イレギュラーな出来事をなんとか切り抜けることができたということを、
息子は旅の醍醐味と感じたのかもしれません。

人生の色々な局面で知恵を働かせることのできる男でありたいですね。

新しいホビダスブログサイト練習中です。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

いつもありがとうございます。コメント下さる方にお知らせです。ホビダスブログにコメント機能に関して問い合わせたところ、「旧ブログでコメントできて、新ブログでコメントできない件ですが、旧ブログと異なり、メールアドレスの入力が必須になります。「エラー: 必須項目 (お名前、メールアドレス) を入力してください。」と記載されるので、メールアドレスが必須項目だと思わない方もいらっしゃるようです。メールアドレスは公開されないので、記入してください。」と回答がありました。よろしくお願いします。

ハードロックカフェホテル

17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40

第12位 ハードロックカフェホテル

翌日は晴れて朝から熱い日になりました。

ラスベガスを経つ前日の夜、
このホテルのカジノに隣接するフードコートレストランでの夕食は
息子にとって忘れられない食事となります。

猛暑の中を走りぬき、疲れきって夕食にこぎつけます。
注文したのは…
息子はステーキバーガー
自分はテリヤキ丼

運ばれてきたバーガーは普通のバーガー
自分の前に置かれたテリヤキ丼には
海老が5匹とレタスまで…

本当にこれであっているの?

タトーの入った強面のウエイターに確認すると

「あっている」と言い放ちます。

アメリカのテリヤキ丼って…こんなヘルシーなんだ!
へんだよ!
へんだよ!
へんだよ!
ひき肉のステーキってある?
へんだよ!
へんだよ!
へんだよ!

そう思いながら完食!

違うウエイターがさりげなくレシートを置いていきます。

え”~!!!

そこには…チーズバーガーセットとヘルシー丼の文字が…

よく英語が話せないから…
という人がいますが…
相手もこんなレベルなんです。
イレギュラーを楽しむ!
そういう気持ちの方が大切だとこの一件からも学ぶことができました。

こんな有名な話もあります。

ニューヨークでタクシーに乗って話しかけたらまったく通じない。で…
「オレの英語力はだめだ~」としょげていると…
実は、その運転手はアメリカに移民してきたばかりの人で英語を話せない人だったて…

実は、妻が2泊の仕事にでていて
娘も京都へ遊びに行っているので
昨晩も息子と二人だけ…色々ロマンについて語り合いました。

「またこいつとスタージスに行きたいな~」

そう思える熱い夜になりました。

新しいホビダスブログサイト練習中です。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

いつもありがとうございます。コメント下さる方にお知らせです。ホビダスブログにコメント機能に関して問い合わせたところ、「旧ブログでコメントできて、新ブログでコメントできない件ですが、旧ブログと異なり、メールアドレスの入力が必須になります。「エラー: 必須項目 (お名前、メールアドレス) を入力してください。」と記載されるので、メールアドレスが必須項目だと思わない方もいらっしゃるようです。メールアドレスは公開されないので、記入してください。」と回答がありました。よろしくお願いします。

ホテル ネバダ

17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40

第13位 ホテル ネバダ

アメリカで一番寂しい道The loneliest road in the U.S.
ルート50号沿いのエリーという町に

HOTEL NEVADA があります。

バイパス近くにはチェーン店のモーテルもあるのですが
1929年創業のこのホテルはオススメです。

カーソンシティーのマックから電話で予約して…
「バイカーだ!」というとディスカウント!
モーテル6と同じぐらいの料金で泊まれます。

レトロな鍵をもらって室内へ

ベッドの上には大きなぬいぐるみが置かれていて…温かな気分にさせてくれます。

シャワーには…

「この建物は年寄りなので…急に熱いお湯がでるかもしれないけど…」

と注意書きがあります。

「いいよ、いいよ、頑張らなくって!」

ちっとも熱くならないシャワーでも納得できてしまいます(笑)。

シャワーを浴びてカジノに併設されているレストランへ

お約束のバイクのディスプレー
アメリカらしい店内で本日のスープから頂きます。

この盛り付けがすでにアメリカでしょう!
なんだかうれしくなってしまいます。

そして、グリルドチキンタコサラダ

美味しい!美味しい!この緑の器も食べられます。
サラダだけでもお腹イッパイ!だったのですが…

ネバダステーキにも挑戦!

肉を食べてるっていう感じで…気分はカーボーイ!

締めは…ホテルの看板にもあって気になっていた

FRESH HOMEMADE PIZZA

ジュリアおばさんが運んできてもらいました。
彼女の頭のリボン…

この…チープな感じがたまりません。
驚いたのが…ピザを載せた皿の熱いこと…
それなのに…ジュリアおばさんは文句一つ言わず
良い写真が撮れるまでず~っと持っててくれたんです。
「どんな強靭な手してるんだ!」と息子と笑いましたが…
彼女…プロ意識がとても高い人なのです。
このプロ意識、このリボン、同色のイヤリング…
ひょっとして…踊り子?
映画のセットかと思わせるホテルの雰囲気にピッタリの人でした。

流石にアメリカのHOGの雑誌に度々紹介されるだけのお店ですね。オススメです。

新しいホビダスブログサイト練習中です。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

いつもありがとうございます。コメント下さる方にお知らせです。ホビダスブログにコメント機能に関して問い合わせたところ、「旧ブログでコメントできて、新ブログでコメントできない件ですが、旧ブログと異なり、メールアドレスの入力が必須になります。「エラー: 必須項目 (お名前、メールアドレス) を入力してください。」と記載されるので、メールアドレスが必須項目だと思わない方もいらっしゃるようです。メールアドレスは公開されないので、記入してください。」と回答がありました。よろしくお願いします。

アーチーズ国立公園をハーレーで走る!

17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40

第14位 アーチーズ国立公園

アーチーズ国立公園を走ります。

どうやってこういう地形が創り上げられてきたのでしょうかね~?

赤土の世界

ビューポイントでバイクを降りて
いくつかのトレイルに挑戦しました。

キャンプしてゆっくり廻りたい…神秘の台地でした。

新しいサイト練習中です。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

こちらのサイトへ足を運んで頂いてありがとうございます。まだまだ要領がつかめてなくって…時間ばかりかかってしまいます。まだアクセス数の見方もわからないので、こちらでもブログ村に登録してみました。ポチっと…よろしければ…お願いします。

ネイティブ アメリカン パレード③

17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40
第15位 ネイティブ アメリカン パレード
ギャラップというルート66沿いの街で
毎年ネイティブアメリカンの集いがあります。
ネイティブアメリカンのダンスは…
圧倒的でした。

彼らが独自の文化、伝統を
大切にしていることが
よくわかります。

こんなひょうきんなおばさんたちの
行進もありました。

かと思えば、こんな若い女性も参加していました。

子どもの目は真っ直ぐと

次のジェネレーションを
見つめているかのようでした。

ネイティブ アメリカン パレード②

17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40
第15位 ネイティブ アメリカン パレード
ギャラップというルート66沿いの街で
毎年ネイティブアメリカンの集いがあります。
民族衣装で着飾った人たちの
パレードが始まりました。

各部族のミス○○高校

ミス中学

ミス幼稚園

みんな…かわいいでしょう。
民族の誇りもまとって…
彼女達の笑顔は輝いて見えました。

ネイティブ アメリカン パレード

17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40
第15位 ネイティブ アメリカン パレード
ギャラップというルート66沿いの街で
毎年ネイティブアメリカンの集いがあります。
さいわいなことに
ちょうどこの日は
パレードが行われる日ということで、
ルート66沿いには、
朝早くから観客が集まっていました。
このおばさん
民族の正装をして来ていらっしゃいました。

チャンピオンベルト?
というような大きな石のたくさんついたベルト
青緑のターコイズは、
お土産用の民芸品だと思われがちですが
実は、民族にとってとても大切なものなのだ
ということがよくわかります。
綿菓子やオモチャを売る屋台が
パレードを待つ人の前を行き交います。

どこでも子どもは同じです。
かわいい顔して親にアピールしていました。
ホビダスの調子が悪いので今日はココまで…
コメントも入れにくくないですか?

巨石の上で見た流れ星

17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40
第16位 キャンプで見た流れ星
カリフォルニアのキャンプ場で
テントを張ることにしました。

テントを張り終えて
スーパーで買ってきた夕食を持って
ディナーにふさわしいロケーションを探しに
ぶらぶら歩きます。

木の葉の影は涼しげに揺れています。
直射日光を浴びてない巨石は
ちょうどいいぐらいひんやりとしていました。
山の陰に日が隠れると
ドンドンドンドン
あたりがうす暗くなります。

テントの部屋の中を綺麗に整頓して
ビールとジュースを飲みながら
夜空の星がまたたき始めるのを待ちます。
1番星をみつけると…
そのあとは、
星が落ちてくるような勢いで輝き始めます。
テーブルの上と大きな石の上にねっころがって
夜空のショー見物
流れ星が弾け始めました。
寒くない?
そう息子に聞いて大発見
息子の寝そべっている巨石は
熱を逃がさず温かいんです。
翌朝もすばらしい天気でした。

朝ごはんを食べて出発です。

大自然の温かさを感じることのできた一日でした。

29ドル モーテル

17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40
第17位 29ドルモーテル
モーテル選びはタイミング

こんなステキな看板のあるモーテルでも…
まだ日が高いし…
なにしろ走りたいのでスルーします。

表情のあるモーテルの看板
古き良き時代を今に伝える
温かい雰囲気があります。

大型チェーン店ではないモーテルは
オリジナリティがあって
旅心をソソリマス。
この日も
頑張って走って…
陽が暮れはじめて飛び込んだのが
このモーテル

Two for 23.95 plus TAX
FREE WIーHI
え”~?安い!
なんだか…うれしくなって…
ここに決めてしまいました。
2ベッドの部屋にして40ドル支払い
部屋のドアを開けて…ビックリ!

もわ~とした空気に包まれます。
汚い!汚い!汚い!
床に荷物を置くのをためらってしまいます。
いつでも外を見れる
外からも見られる
ちゃんと締まらないカーテン
いくつもの夢をみてきたのでしょう
色褪せたベットカバーは
ほのかな湿り気を含んでいます。
メチャクチャ使い込まれてきたのでしょう
このやれた感じのエアコンの
スイッチは付けずに
休ませてあげることにしました。

ワイハイのアクセスパスワードを
フロントに聞きに行って
これまたビックリ!

ナガ!
覚えられるわけありません。
でも…確かにネットに接続できるんです。
もう笑うしかありません。
「オレも昔、ハーレーに乗ってたんだ!」
このモーテルを買ったばかりのご主人は
人の良さそうな笑顔でそんなことを言ってました。

ガーデン オブ ザ ゴッド

17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40
第18位 ガーデン オブ ザ ゴッド
有名なバランスロックは

この日もなんとか崩そうとする親子連れがいました。

バイクを降りて
公園を少し歩きます。

奇妙な岩、誰もがよじ登りたくなります。
うわっ!あんなところにまで…
アメリカって…自由の意味を知っているよな~
日本なら禁止して終わりだろうにな~

公園を出てマニトウーへ向かいます。

良い感じの温泉町

おしゃれなお店もいっぱい

Best in town というレストランに入ると
壁にはワッペンが貼り付けられています。
常連客の職場なのでしょう
POLICE とか SHERIFF とか FIRE DEPT.とか…

旅人も町の人も集まる場所のようで
けっこう賑わっています。
ステーキを注文しました。

脂身の少ない肉の味が
この場所の雰囲気にピッタリ
素朴で美味しく感じられました。
帰りにもう一度、公園内を走り
夕陽に映える岩肌をみながらモーテルに帰ります。

透けているようにみえる岩には神が宿っているような…
Garden of the Gods でした。

雨降って味噌汁

がんばろう日本!
気分転換に旅日記を続けます。
17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40
第19位 雨降って味噌汁
コロラドの友人のところで一晩お世話になりました。
久々の再会で遅くまで会話も弾み
少しのんびりのスタートになってしまいました。

向かうのは…
ガーデン オブ ザ ゴッド
『神様のお庭』

快調に走り出したのに…
風が舞い、雲が集まり出すのがわかりました。

うわっ!アメが落ちてきた。
と思ったら…激しく打ちつけてきます。
インターステイト25号の路肩でカッパを着て
本線に戻ってはみましたが…
抜かす車の水しぶきまで浴びてしまいます。
先に進むのを断念。
インターチェンジを降りて
走ってきたインターステイの下のトンネルで雨宿り
寒い、寒い…

壁にもたれかかって座り
どれほど待ったでしょうか。
雲が切れる感じがしません。
それでも、
雨脚は弱まったようにも見えたので…
再びインターステイトへ
友人の家からまだそれほど走っていないけど…
モーテル8に逃げ込むことにしました。
チェックインの用意ができたばかりの部屋に着いて
コーヒーメイカーでお湯を沸かし
妻の持たせてくれたインスタントミソスープを
両手で温めながらすすります。
これが…美味い!
体が温まると
日差しがカーテンの向こうで揺れていました。
「また…走りに行くか」
ヘルメットに手を伸ばしました。

地球のボーダー

17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40
第20位 ニュージーランドからの旅人
さぁ~今日も走ろうぜ!

目の前の真っ直ぐな道

スロットルを全開します。

気づくと…
ガソリンタンクが空っぽに…。

ネバダ州とコロラド州の境にある
ガソリンスタンドに救われます。
スタンドで
陽気な家族に声をかけられました。

ニュージーランドからやってきた人達でした。
彼らは…
ヨットでアルゼンチンに渡り
ヨットを売って、
そのお金で車を買って
今、アメリカ中を旅しているのだそうです。

羨ましすぎると言うと…
「日本人ってさあ~」
話も盛り上がります。
すっかり意気投合して、
彼らのおんぼろワンボックスを見送ります。

道に戻って
しばらくすると…
彼らの車に追いついてしまいました。

道の右側には
白く輝く塩の海が広がっていました。

シエラ ハッピーバーガー

17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40
第21位 シエラ ハッピーバーガー
ヨセミテナショナルパークサウスゲートを出て

そのまま道なりに南下する。

巨石が転がる川沿いを渡る風を楽しみながら

山間を抜ける道は、徐々になだらかになっていく
とにかく…気持ちがいい!

そしてようやく
山道の終わりに小さな街、
マリポサに到着

看板が目にとまります。
“Largest in the world”
が一般的なアメリカで…

“in the Sierra”
だなんて…
とても謙虚に思えます。
店内に入ると、
80年代以前の
レコードが張り詰められていました。

自分の持っているLPレコードを
意地になって探して…あった!
TOTO
ほ~っ!
なんだか、これでようやく
常連にでもなれたかのような気分になって
シエラ地区ナンバーワンという
噂のメニューを眺めます。

ウエイトレスの地元のお姉さん
アメリカにいると…
ストライクゾーンも広がって?
You are beautiful.
なんて…
いとも簡単に言えちゃったりもします。

それでも…
そんな一言で
すっかりうれしそうなお姉さん
笑顔で運んで来てくれたのが…

ハッピーバーガー

とろけるチーズバーガー
これが…ウマイ!ウマイ!

こんなお店を人との出会いを
探しながら走るアメリカツーリング!
ご一緒にいかがですか?

ベニスビーチ

朝起きると…すでに妻は会社へ
目覚まし時計の傍に
妻からのチョコが置かれていました。

何日遅れのバレンタイン?
べたべたするのが苦手な妻らしくって…。
こんなことする妻が…
急にかわいく思えたりします(笑)。
実はウチの妻って…
と…語りたくなるおもしろいネタ
たくさんあるのですが…
お陰様でこのブログ
多くの人に見てくださっているので…
書ける自由度が減っています(笑)。
自分の今年の夏の計画だって…
チャクチャクと…
そんなネタで盛り上がりたいんですが…(笑)
で…忘れかけてた
17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40
第22位 ベニス・ビーチ

かなりサボりましたね~
ツーリング名場面ベスト40
久しぶりに再開です。
ベニスビーチは、開放的な海辺のストリート

色々な人がいますね~。
でも…
観光客で溢れるストリートは気づかれするし…
個性の表現方法が…
ここにいる人達とは…
ちょっと違う自分にも気がつきます。

雲がはげしく空を流れていきました。

サンタ・モニカ・ピア

久々に休みのとれた妻と息子を誘って
ステーキのドンに行きました。
忙しすぎる妻との久々のデート
不覚にも…
やっぱりこれだな~
そう思えちゃう自分に
疲れていることを逆に感じてしまいます。
ところで…年内に終わるのかベスト40!
気ままに続けます。
17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40
第23位 サンタ・モニカ その2
海らしい風景が迎えてくれます。

アメリカ!って感じで…

ビーチを歩きます。

こんな景色を目にすると…

自分が10代に戻ったような…
海風に前髪がなびくような…
そんな気分になります。
メタボだったことも忘れて…
スウィーツにスプーンを運びます。

空は…
何かを悟っているかのように深く蒼く

ライフガードのステキな女性が
フラッグを片付け始めました。

そして、
今日という日が暮れていきます。

ルート66の終着地サンタ・モニカ
夕陽は…海ではなく、
半島の先っぽに沈んでいきました。

サンタ・モニカ

17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40
第23位 サンタ・モニカ
サードストリートプロムナードを歩きます。

息子と一緒だと…

いつもより楽しく感じられます。

ここは、サンタモニカの中心地
観光客と地元の人が半分半分という感じでしょうか?
大道芸人達が
パフォーマンスを披露していました。

日曜日ということもあって
ファーマーズマーケットが
路上で店を並べていました。

トマトも芸術品のように色鮮やかです。

レストランに入ると…
店員がケッチャップで楽しませてくれます。

これは…クリームブリュエ

甘い!甘い!
ルート66の終点地でもある
サンタモニカ

きらめく海が誘ってきます。

細い道を辿って…海へ向かいます。

フーターズ

17歳息子の選んだアメリカツーリング名場面ベスト40
第24位 フーターズ
フォルソンのハーレーディーラーで
欲しくって欲しくってたまらないっ
ラディカルペイントのタンクを見つけました。

これが発売されたのが…05年ですから
売れ残っていたんです。
でも…さすがに買うわけにはいきません。
ディーラーで安いモーテルを聞いて…
「迷うわけないから…」
で、無事到着!

バイクを停めて近くのレストランへ

アメリカで大人気
フーターズ

ナプキンに…KIM…と書いて
笑顔を振りまきます。

怖いもの知らずのかわいさです!
手がべたべたになるなんて
気にしない!
気にしない!
チキンウイングにかぶりつきます。

あっ!

よく見ると…
もう日本でははいている女子高生をみなくなった
ルーズソックスで決めていました。

カテゴリー

アーカイブ